歯科を選ぶ

 並んだドリル

現在、歯を失った際に施す治療法では、インプラントが最善だとされています。従来、入れ歯やブリッジといった治療法が歯を失った際の治療法として一般的でしたが、インプラントが入れ歯、ブリッジと異なるのは、しっかりと歯が固定されている点です。 言うまでもなく、歯の最も重要な役割は物を噛むことです。そして、強い力で噛む為には、歯は固定されている必要があります。入れ歯やブリッジの場合、歯の固定が十分ではありませんので、どうしても噛む能力には限界があります。しかし、インプラントは歯が固定されていますので、強い力を込めて噛んだとしても問題ないのです。 インプラントの噛む能力は、天然歯にも劣らないレベルです。ですから、インプラント治療を施せば、歯を失う前の状態を再現することができます。従って、最善の治療法だとされているのです。

虫歯治療を筆頭に歯医者では、様々な治療を行っています。その中でインプラントは、まだまだ新しい部類の治療法となっています。その為、すべての歯医者がインプラントの治療は行っているというわけではなく、治療を行っている歯医者は限定されます。しかし、そうは言っても数多くの歯医者で治療を行っていますから、治療を行っている歯医者を見つけるのが困難だという状況ではないのです。 ただ、インプラントは非常に大掛かりな治療法であり、その為、歯科医の技術と知識、そして経験が深く関係している治療法となります。また、設備の充実具合も治療に影響を及ぼします。 しかも、治療費は一般的に高額です。高い治療費を払ったのに、満足できる結果が得られないようでしたら大問題です。ですから、歯医者選びは万全を期す必要があります。